株式会社ディスクロージャー・プロ

開示書類作成のプロを目指しませんか?

求める人材

株式会社ディスクロージャー・プロは、2015年3月に当社代表取締役の末永と株式会社プロネクサスが共同出資により設立し、法定開示書類を作成するアウトソーシング・サービスに特化した会計コンサルティング会社です。

経理実務や決算業務のアウトソーシング・サービスを提供している会計コンサルティング会社は多数ありますが、法定開示書類(有価証券報告書や決算短信等)の作成に特化しているのが当社の特徴です。

開示規則が毎年のように改正され、上場企業のディスクロージャー実務を取り巻く環境は大きく変化しています。有価証券報告書を財務局へ提出するには、電子開示システムEDINETの仕様に対応しなければならず、XBRLデータの作成、EDINETタクソノミの設定等、煩雑な業務が発生しています。また、規則の改正等の最新情報もキャッチアップしなければならないことから、上場企業の実務担当者にとって大きな負担となっています。当社は、クライアントのこうした煩雑な業務をアウトソーシングという形で支援し、感謝されるサービスを提供する「ディスクロージャー支援のプロフェッショナル集団」でありたいと考えております。

そのために、私たちは、次の3つの姿勢を大切にしています。

  • 何事にも興味を持って学ぼうとする姿勢
  • クライアントの課題に向き合い、共に考え、新しいことを提案していく姿勢
  • 何事にも妥協せず、とことん取り組む姿勢を大切にしております。

そんな私たちの考えに共感し、実践してくれる仲間の参画を求めています。

社員インタビュー

行武 純
行武 純
Jun Yukutake

開示コンサルタント
公認会計士

これまでのキャリアについてお聞かせください

大学在学中に公認会計士二次試験に合格し、大学卒業と同時に監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)東京事務所に入所しました。約5年半、国内企業の金商法監査や会社法監査に従事しました。その後、東証一部上場会社(製造業)の経理部へ転職。約6年間、連結決算や開示書類作成主担当として勤務しました。2018年9月にディスクロージャー・プロへ入社し、開示コンサルタントとして開示書類作成支援を行っています。

監査法人では様々な業種の会社の監査を経験することができましたが、独立の立場から監査を行うため、当事者意識がどうしても薄くなりがちでした。事業会社で決算をする立場、開示書類を作成する立場の経験が必要と思い、事業会社の経理部への転職を決意しました。事業会社での経験が得られたことは良かったのですが、大きな組織であるため、1人が担当する業務の幅は狭く、また個人の能力・成果への評価も限られているため、もっと色々なことを経験し、会計士としての経験値・専門性を高めたいと思うようになりました。
監査法人時代から開示書類の監査は好きな方であり、また、事業会社での開示書類作成業務の経験を生かしたいと思い、開示に特化したディスクロージャー・プロへ入社しました。 

現在の業務内容をお聞かせ下さい

国内の上場会社を中心に、有価証券報告書や決算短信、計算書類等の開示書類の作成支援を行っています。開示書類作成の作業に入る前の事前準備として、前期の開示書類・基礎資料の調査・分析、改正論点の整理等を行った上で、お客様と事前打ち合わせを実施します。事前打ち合わせでは、会社特有のトピックスの確認や改正論点のレクチャー、スケジュールの調整等を行っています。決算作業開始後は、基礎資料を受領し、随時、開示書類の編集(入力担当者へ編集を指示)をしています。進捗状況を管理しながら開示書類を完成させ、チェックを行った上でお客様に開示書類を提出します。決算発表、EDINETへの書類提出が完了し、一段落したタイミングでお客様と反省会を行います。この反省会では、お客様から当社業務へのフィードバックを頂くとともに、当社からは業務改善のための提案等を行い、お互い次回以降の決算に活かすよう取り組んでいます。

四半期ごとに上記の業務を行うため、基本的に1年中何らかの作業はありますが、9月と12月は比較的閑散期にあたります。3月決算会社が多いため、4月~5月は特に忙しい時期になります。繁忙期以外は定時で帰ることも多いため、定時後はショッピングを楽しんだり、自宅で家族(夫)とゆっくりお酒を飲んだりしています。

成長を実感できるとき、仕事のやりがいは?

お客様から感謝の言葉をいただいたときはやりがいを感じます。監査法人や事業会社の経理部勤務では、あまり感謝していただく機会がありませんでしたが、自身の知識や経験が上場会社を中心としたお客様の役に立ち、それが適切な開示に繋がっていると思うと、やりがいを感じるため、知識をさらに研鑽して、もっと役に立てるようになりたいと思っています。

今後チャレンジしてみたい、成長していきたいこと

現状、有価証券報告書等の法定開示書類の作成支援が中心ですが、社内会議用資料やアニュアルレポート等、法定開示書類以外にも作成支援のニーズはあると思います。そういった様々なニーズにも対応できるように体制を整えていきたいです。

会社の雰囲気は?

現在、従業員数が10名程度と小さな会社なので、全メンバーの様子を見渡せる環境です。皆で和気あいあいとアットホームな雰囲気で仕事をしていますが、4月~5月の繁忙期は緊張感が漂います。
浜松町周辺はいろんなお店があるので、ランチも楽しみの一つです。

吉住 浩太郎
吉住 浩太郎
Koutaro Yoshizumi

開示コンサルタント
公認会計士

これまでのキャリアについてお聞かせください

大学卒業後4年間、上場事業会社にて財務・経理業務に従事しました。日次の取引仕訳の査閲承認から、支払管理、証券管理、原価差額処理、予実分析、連結決算、開示書類作成など多岐にわたる業務を担当しました。
働きながら公認会計士資格を取得し、その後新日本有限責任監査法人(現:EY新日本有限責任監査法人)へ入所しました。監査法人時代は、大手電機メーカーの監査スタッフ、精密機器メーカーの主査を担当し、またIFRS移行の支援業務にも携わりました。

転職しようと思った決め手は何ですか?

今までの経験や知識を生かして、会計士としての専門性を高めたいと考えていた時期にこの会社を紹介いただき、社長との面接で「これはおもしろそうだ」と思ったため、入社を決めました。

現在の業務で成長を実感できるときを教えて下さい

監査法人時代では、計算書類や有報の経理の状況をメインにチェックしてきましたが、この仕事では短信、事業報告、有報の前段部分も含め法定開示書類全般に関わるため、開示書類への理解が深まりました。特に有報の前段部分は法令の改正が頻繁に行われるため、開示周りの情報をキャッチアップするノウハウが身についていると実感しています。

クライアントに生じた1つの事象(たとえば株式分割など)が、開示項目の多岐にわたり影響するので、開示書類間、開示項目間での整合性や波及箇所などを網羅的に検討する必要があります。当社に入社して、それらを調べるノウハウが身につきました。

クライアントは、基本的に上場企業であり、各期毎に何らかのイベントや変化がありますので、開示に関する規則だけでなくクライアントの経営環境やリリースされている情報等も把握する必要があります。当社では多種多様なクライアントから業務を受注しているので、様々なビジネス・業種様態の開示実務を経験できています。

やりがいを感じる時は?

「なくては困るサービスだ」とクライアントから言われたときは嬉しかったです。開示関連業務は、決算で作成した基礎資料を単純に転記するだけではなく、開示項目間の整合性、項目の網羅性・十分性などを検討する必要があり、監査法人時代に抱いていたイメージよりも、専門性が高い業務でした。その専門性がクライアントからの声に反映されていると思います。

クライアントから、「新しい開示を行う時に、どのような基礎資料を用意して、どのような開示をすれば良いかさっぱり分からなかったが、サポートしてもらったため本当に助かった」と言われ、努力が報われたと感じました。

会社の雰囲気は?

難易度が高い注記事項や過去に事例が少ない開示を検討する時は、コンサルタント同士で経験や知識などを出し合って助け合っています。
業務面でも福利厚生面でも、改善すべきと思う点は社長に直接提案しており、役員ともフランクに話すことができる職場です。(最近、美味しいコーヒーが会社で飲めるようになりました。)

入社して良かったなと思ったことは?

繁忙期と閑散期の見通しが立ちやすく、非常にメリハリがついた生活ができるようになりました。おかげで私は、定時後のバンド練習やライブイベントに参加できるようになったため、休眠状態だったバンド活動を再開することができました。最近、大きなライブイベントにも参加し、大成功しました。仕事もプライベートも充実してきたのはこの会社に入れたおかげだと思っています。

吉住 浩太郎

FAQ

監査法人での仕事との違いは?
監査では、クライアントの処理・判断が会計基準等に照らし適正かをチェックする業務がメインですが、当社の支援業務はクライアント側の立場で業務がスムーズに進行するようサポートする業務がメインです。クライアントとの一体感が生まれ、感謝される仕事にやりがいを感じている社員が多いです。
どんなキャリアの方が入社していますか?
開示コンサルタントは、全員が監査法人出身者で、事業会社で決算や開示書類作成の実務経験を積んだ者も多いです。
年齢層は、代表40代(会計士)、取締役40代(会計士)、その他に30~40代の会計士が在籍しています。
社内の雰囲気はどんな感じですか?
全員が中途入社ということもあり、年齢に関係なくフラットな職場です。

募集要項

募集職種
上場企業の開示書類(決算短信、有価証券報告書、会社法計算書類)の作成支援を行う開示コンサルタント
雇用形態
正社員
試用期間は原則として3か月(試用期間中の待遇変更はありません)
採用人数
若干名
勤務地
本社/東京都港区浜松町1-2-11 浜松町鈴木ビルディング7階
【交通アクセス】JR浜松町駅北口徒歩6分 / 都営大江戸線・浅草線 徒歩5分
(原則として本社オフィスで業務を行っております。)
年俸・賞与
能力・経験に基づき決定
【参考】
年俸:720万円(監査法人勤務経験4~5年の場合)
昇給:年1回
業績賞与:年1回(2月)
勤務時間
9:30~18:30 
(※ただし、9月と12月については9:30~17:30の変形労働時間制を採用)
待遇・福利厚生
交通費支給(会社規定に基づき支給)
社会保険(健康保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険)
会計士協会年会費等全額負担
懇親会等の会費負担(3か月に1度程度)
健康診断やインフルエンザ予防接種等の補助あり
フリードリンク
休憩室あり
退職金制度 無
社宅・寮 無
休日・休暇
土曜 日曜 祝日 年末年始(※ただし、繁忙期は土曜日出勤あり)
有給(入社6か月経過後10日~)
残業
残業 あり
残業手当 あり
必要資格
会計事務所、監査法人のいずれかでの勤務経験
実務経験が3年以上の方
公認会計士の資格があれば尚可

応募方法・採用プロセス

応募方法

「履歴書」(写真添付)と「職務経歴書」を郵送またはエントリーフォーム添付にてお送りください。
なお、ご郵送いただきました書類は返却いたしかねますので、予めご了承ください。

応募する

郵送はこちらまで
〒105-0013
東京都港区浜松町1-2-11 浜松町鈴木ビルディング7階
採用担当 宛



採用プロセス

1次面接(60~90分)
場所:本社(東京都港区浜松町1-2-11 浜松町鈴木ビルディング7階)
面接担当:代表 末永
内容:会社説明・面談
持ち物:履歴書(写真添付)、職務経歴書、筆記用具
※交通費はご負担ください
2次(最終)面接(30分程度)
役員面接

役員面接後、内定、入社へと進みます。
選考状況によっては上記内容から変更となる場合がございます。予めご了承ください。

エントリーフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入頂き送信してください。

お名前

必須

現在お勤めの会社名

メールアドレス

必須

履歴書

必須
  • ※ ファイル形式は Excel、PDF、PowerPoint、Word、txt です。

職務経歴書

  • ※ ファイル形式は Excel、PDF、PowerPoint、Word、txt です。

ご応募ありがとうございました。
メール確認後、担当者からお返事をさせていただきます。

エントリー中にエラーが発生しました。
時間が経ってから再度お送り頂くか、お電話でご連絡ください。
電話番号:03-6452-9431